Googleアドセンスで収益化「申請方法」と「閲覧できません」が表示されるときの対処法

ブログで収益化するための方法の1つ、「Googleアドセンス」の取得。

「申請コードの張り付け場所」で悩んでいませんか?張り付けできたのに「閲覧できません」と表示され申請できずに困っていませんか?

私はこれから解説する方法で、無事申請し審査に合格することができました。

この記事を読めば、あなたも簡単にアドセンスの申請をすることがでいますよ。

アドセンスの申請をしたいけど、「申請コード張り付け場所」がわからない。
張り付けても「閲覧できません」と表示され申請できない。
どうすればいいの?

こちのこ

コードの張り付け場所は「アクセス解析・認証」に「閲覧できません」はサーバーの「WAF」設定を見直すと簡単にできるよ!

※ブログ作成はWordPress。テーマはCocoon。サーバーはConoHa WINGを使用。

目次

Googleアドセンス申請コード貼り付け

アドセンス申請コードの張り付け個所ですが、Cocoonをお使いの場合、専用の張り付け個所が用意されているので、そこに「コピー」「張り付け」するだけです。

①申請コードをコピー

②Cocoon設定

③アクセス解析・認証

④その他アクセス解析・認証コード設定の「ヘッド用コード」に張り付け

⑤変更をまとめて保存

これでCocoonの設定は終わりです。Cocoonは無料で使えるうえに、色々なことが割と簡単にできるのでとてもありがたいですね。

確認のために、アドセンスのホームページに戻ると「審査中です」の表示が出ています。

これで審査の申し込みは完了。

あとは、「おめでとう!」の報告を待つだけです。

「閲覧できません」の対処法

2種類の対処法があり、どちらもサーバーの「WAF設定を変更」します。

エラーの場合の対処法・その1

毎回、ログを確認し解除する方法。

①ConoHa WINGのコントロールパネル(ログイン)

②サイト管理

③サイトセキュリティ

④WAF(表示切替のログ)攻撃元IPアドレスを確認。※自宅や自身のIPアドレスであることを確認。

⑤除外→対象の攻撃を除外しますか?→はい

⑥成功しました。

エラーが出るたびログを確認し、誤検知の場合は「除外」の設定をするので、めんどくさいですが、大切なブログを守るためには重要です。

エラーの場合の対処法・その2

その2は簡単ですが、一時的にセキュリティ機能を「OFF」にするので、サイトのセキュリティが危険な状態なのでおすすめできません。自己責任でお願いします。

①ConoHa WING設定

②セキュリティ設定(ConoHa WING WAF設定)→利用のチェックを外し

③【設定を更新する】で変更できます。

設定完了後は必ず「利用のチェックをつけ」「設定を更新する」ことを忘れないでください

WAFとは

ちなみにWAFとはWeb Application Firewallの略で「Webアプリケーションの脆弱性を悪用した攻撃」からサイトを保護してくれるセキュリティ対策のことです。

大切なブログやWebサイトを守ってくれる頼もしい存在ですね。

まとめ

無事にGoogleアドセンスに申請することができたら、あとは結果の通知まで待つだけです。

審査にかかる期間は人によって違います。中には2週間以上待った人もいるとのこと。

一人でも多くの人に、「おめでとう!」の通知がくることを心より祈っています。

合格の報告お待ちしています!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる