【体験談】ヒゲ脱毛を経験して得たメリット・費用・期間などを教えます!

朝の忙しい時間に、毎日のヒゲそり面倒くさい。

最近、脱毛についての記事を良く見るけど、実際はどうなの?

こちのこ

ヒゲ脱毛経験者がズバリお答えすると「やって良かったです!」

もちろん人によって、メリット・デメリットがあるので、私の体験談をお話しします。

目次

濃いヒゲの悩み

毎日のヒゲそり面倒に感じていませんか?


私の場合ヒゲがとても濃かったので、毎日のヒゲそりに5分以上かかっていました。
当時(2019年)最新型の5枚刃のシェーバーを使っていたのにもかかわらずです。

剃った後は肌がヒリヒリするので、乳液等の肌のケアはかかせないし、シェーバーの替え刃もメーカー推奨の半分の期間しか持たないので、お財布にも厳しい。

何よりも嫌だったのが、剃り跡が青くなること。
携帯などで撮った画像を見ると、口の周りが青くなる、見た目がとても嫌でした。

そこで、思い切って脱毛することを決心しました。

どこで脱毛できる?

脱毛できるところは、クリニックなどの医療機関と脱毛サロンがあります。

それぞれにメリット・デメリットがありますが、最終的に私はクリニックでの医療脱毛を選びました。

住んでいる所が田舎なので、選択肢が沢山あるわけではなく、通勤途中に見かけたサロンの看板を見て、最初にサロンを訪れたのですが、私の持病が影響し最終的にクリニックを選ぶこととなりました。

脱毛のメリット

  • ヒゲそり時間の短縮
  • シェーバー購入代金が安くすむ
  • コンプレックス解消
  • 肌がきれいに

ヒゲそり時間の短縮

私は、ヒゲが濃かったので毎朝剃ってました。それでも夕方には薄っすらと生えていましたが…。

ヒゲそり時間を1日5分として、月約150分(2時間30分)、年間約1,800分(約30時間)と
1年で1日と6時間もヒゲそりに時間を費やしていた
ことになります。これが生涯だと…。

それが、今では2~3日剃らなくても問題無し。
脱毛できなかったヒゲが多少残っているのと、白くなったヒゲは脱毛できないので、ヒゲそりは必要ですが、さっとなでるぐらい(約15秒程)で済みノーストレスです。

シェーバー購入代金が安くなる

当時(2019年)最新型の5枚刃のシェーバー で価格は2万円3千円。ヒゲが濃いため、刃の交換が通常より早く外刃半年に1回4千円。内場1年に1回1,900円かかっていました。年間約1万円の出費です。

今では、ほぼヒゲを剃らなくなったので、刃の交換必要がなくなり、次回シェーバーを購入する際は、5枚刃も必要ないので安いものを検討中です。

コンプレックス解消

剃り跡の青さは全く気にならなくなり、見た目のコンプレックスは無くなりました。

肌がきれいになる

ヒゲそり後、肌がヒリヒリすることがなくなったので、肌へのダメージが軽減されたのと、毛が生えてこなくなるので、結果的に毛が無いすべすべ肌になりました。

脱毛のデメリット

  • 痛い
  • お金がかかる
  • 通院
  • 毛が生えにくくなる

痛い

とくにヒゲ脱毛は痛いの一言です。
脱毛の痛みを例えるとすると、ゴムでバチンとはじかれたような痛みです。

ヒゲの濃さや密集具合などで、太さの違うゴムで、はじかれたような痛みを感じます。

特に、鼻下がめちゃくちゃ痛いです。
痛みに敏感な人には【麻酔クリーム】があるそうですが、医師の方から「あまり効かないよ!」
言われたので、私は使用せずに堪えることにしました。

お金がかかる

私の通ったクリニックでは、
顔全体1回16,500円、3回セット47,025円、6回セット82,500円の料金体系がありました。

ヒゲの濃さや、密度、脱毛の仕方によって金額は変わります。

顔の鼻より下側が青くなるほどヒゲが濃く、ヒゲ自体が太く頑丈な私の場合は、とりあえず、顔全体6回セットで82,500円で施術を行いました。

しかし、6回セットでは期待していた効果は得られず、もう6回セット追加することになり、82,500円×2の165,000円かかりました。ですが、かかった金額以上の効果に大満足しています。

通院

定期的に通院しなければいけないのが結構面倒くさい。

私の通ったクリニックでは、効率の良い脱毛の為に、施術後次の施術までには6週間開けなくては
ならず、ヒゲの完全脱毛をするのに、約1年と8カ月かかりました。

施術するたびに効果が感じられるので、次に行くのが楽しみになります。

毛が生えにくくなる

将来ヒゲを生やしたくなった時に、それができないということが考えられます。

私の場合は、ヒゲもそうですが、ムダ毛そのものにコンプレックスがあったため、毛が生えてこなくなることにメリットしか感じられませんし、将来的にヒゲを生やすことは無いので、後悔は全くありません。

もし将来的に生やす可能性があるかもしれない、全くムダ毛のないツルツルな肌に抵抗がある人は、医師との相談で、部分的に脱毛するなどの方法もあります。

脱毛時の注意事項

  • 日焼けをしない。
  • 体質や既往歴によっては脱毛できないこともある。
  • 施術の6週間以内に脱毛しない。

日焼けをしない

クリニック等で使用されている脱毛レーザーは、黒い色に反応するため、毛や毛根だけではなく皮膚のメラニンにも反応します。なので、日焼けのしすぎで肌の黒い人は、過剰にレーザーが反応し熱傷などの恐れがあるため、施術できない場合があります。

脱毛を考えている人は日焼けをしないようにすることが大切です。

体質や既往歴によっては脱毛できないこと

最初、私はサロンでの施術を行う予定でしたが、高血圧の持病があり服用している薬が、光線過敏症を引き起こす可能性があるとのことで、クリニックでの施術を行うことになりました。

体質や既往歴によっては脱毛できない可能性があります。事前にクリニックやサロンに問い合わせすることを、オススメします。

施術の6週間以内に脱毛しない

毛の「毛周期」が乱れる恐れがあるので、施術を行う6週間以内には脱毛はおこなわない。
毛は毛球にある毛母細胞の分裂により作られます。レーザーによってその毛母細胞にダメージを与えるので毛を抜いしまうと効果が得られなくなります。

施術後の生活は?

  • 日焼け防止の徹底
  • 施術当日は激しい運動をしない、入浴もシャワー程度に
  • 次回施術までは剃毛

日焼け防止の徹底

施術後の肌はレーザーによりダメージを受けているので、いつも以上に繊細な状態になっています。

紫外線などに弱く、日焼けをすると最悪シミになる可能性があります。施術後は普段以上に日焼け対策を行う必要があります。

施術当日は激しい運動をしない、入浴もシャワーで

施術後の肌は過敏な状態であり、レーザーによる熱で内部が炎症を起こしている状態になっています。
そのため汗などにより雑菌が入る恐れがあるので、激しい運動を行うのは厳禁です。

入浴も肌に刺激を与えないために、シャワー程度で済ませてください。

次回施術までは剃毛

次回の施術までの手入れは、毛周期を狂わせないように脱毛は行わず、カミソリや電気シェーバーで剃毛する。

まとめ

脱毛、特にヒゲ脱毛について自身の経験を書かせていただきました。

脱毛は、費用、期間、痛みを伴うなどデメリットがありますが、ヒゲが濃いことに対しての悩みがなくなり、毎朝のヒゲそりが楽になり、時間がかからなくなるといったメリットもあります。

同じような悩みを持っている方は、診察やカウンセリングに先ずは行ってみることを、強くオススメします。

この記事であなたの悩みが少しでも解消されると、幸いです。
最後まで、お読みいただきありがとうございます。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる